四ツ葉ブログ
   京都で写真とMacと読書の日々
  >> ホーム
  >> RSS1.0
プロフィール

mMakino

Author:mMakino
・京都在住
・詳細はHP参照

リンク

このブログをリンクに追加する

Ads

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | 固定リンク
(--/--/--(--) --:--)

 最近読んだ本5冊
フィールドワークは楽しい フィールドワークは楽しい★★
岩波書店編集部 (2004/06)
岩波書店

この商品の詳細を見る

10人の研究者たちが自身の研究領域の魅力を
語っています。
しかし、短い枚数制限と高校生あたりが読者
対象という縛りの中でうまく面白さを伝えられて
いるかどうかというと、かなり疑問。
却って自身の研究を平易な言葉で説明できない
研究者その人の資質が問われてしまってます。


インターネット書斎術 インターネット書斎術★★★
紀田 順一郎 (2002/02)
筑摩書房

この商品の詳細を見る

知的生産の場にどうインターネットを
取り込むかをテーマにしてます。
2002年の発行ということもあり、内容の
古さは否めませんが根本的なところで
議論を進めてるので今読んでも得る部分あり。
日本語という言語がネットでの情報収集の際に
抱える問題点を指摘してるあたりがこの著者
ならではの視点。

理解する技術 情報の本質が分かる 理解する技術 情報の本質が分かる★★
藤沢 晃治 (2005/04/16)
PHP研究所

この商品の詳細を見る

情報受信術の指南書。
要領よくまとめられてるので
効率よく情報収集をしたいと思ってるひとは
一読の価値ありかと。


愚問の骨頂 愚問の骨頂★★
中原 英臣、佐川 峻 他 (2005/04/15)
新潮社

この商品の詳細を見る

愚問からは解は導きだされない、愚問から
脱して賢問に至れば自ずと解は賢問の内に
含まれている、というのが本書の筋。
具体的な社会問題などを例にその論を展開
してるけど、もう少しビジネスや日常的な
事例で説明してくれた方が読者は有り難かったかも。


レボリューション・イン・ザ・バレー―開発者が語るMacintosh誕生の舞台裏 レボリューション・イン・ザ・バレー―開発者が語るMacintosh誕生の舞台裏★★★★
アンディ ハーツフェルド (2005/09)
オライリージャパン

この商品の詳細を見る

Macの歴史はそのままパーソナル・コンピュータの
歴史。
MacにしてもWindowsにしても今ぼくたちが
触れているコンピュータの原型が如何にクレイジーな
(いい意味で!)人たちの手によって作られたか、
この本は明らかにしてくれます。
Macユーザーでない人も必読。
スポンサーサイト

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

書籍 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:2
(2006/09/24(日) 01:20)

 新しくなったiPodとiTunes
iPodシリーズが新しくなりましたね。
その秀逸なデザインからAppleがどういう
ユーザー層に各製品を売り込みたいのか、
より明確になった感じです。
クリップ状にしたiPod shuffle、iPod miniを
思い出させるiPod nanoのカラーバリエーション化。

一方、分からないのがiTunes 7。
インターフェイスもアイコンも何だかもっさりして
いただけない。
新機能を盛り込んだか知らないけど、センスわるいよ、これ。
使ってて楽しいのがAppleのプロダクトだと思ってる
ぼくとして、このiTunesは嫌だなぁ。
次のヴァージョンアップで以前のデザインに戻すなり
もっと洗練されたものにしてほしい。
今度のiTunes、使ってて楽しくないよ。

テーマ:iPod - ジャンル:コンピュータ

音楽 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2006/09/13(水) 19:43)

 JUNGLE☆LIFE リリースニュースParty Sep.
アルバムリリースをしたアーティスト5組が
出演する「JUNGLE☆LIFE リリースニュースParty
へ行ってきました。

目当ては学生時代の友人Chiamiさんのユニット
猫十字社」。
う~ん、ここまで唄者として優れた表現者だった
こと、全然知りませんでした。
学生時代はChiamiさんの一面しか見てなかったんだなぁ。

こういうこと言うと本人はどう思うか分かんないけど、
しばらく会わないうちにいい感じに大人の女になってたし(^^
今度宣材写真撮らせてもらうの楽しみです☆

さて猫十字社に負けず他の出演アーティストも秀逸。

Yuccaは今月の「Bounce」でもアルバムレビューが出てる
バンドで、今更僕が認めたところでどうなるわけでもないですが
あの確信犯的演奏はStereolab、Sonic Youth、My Bloody
Valentineなどが好きな人にはツボにくること間違いなし。

Mather's MilkはYuccaとは対照的に正統派R&Rバンド。
実力、楽曲共に安定したロックサウンドでこういう音楽は
ライブで聴くのがやっぱり一番やねぇ。

ライブ終了後、余韻に浸ってるうちに京阪電車の最終が
近付いてあわや乗り損なうところでしたが、久しぶりに
堪能したライブでした♪
音楽 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2006/09/03(日) 16:48)

 写真展へ行こう
Howつながりでお知り合いになったお二方から
写真展の案内を頂いたので、こちらでも紹介
させてもらいます。

ひとつは大学で写真の勉強をされてる丸岡未沙さんの
グループ展。
「と・き・め・き-大阪芸術大学 写真学科 須田ゼミ写真展-」
(大阪/海岸通ギャラリーCASO/9.26-10.1)

沖縄旅行の写真を展示するようです。

もうひとつは精力的に展覧会してますなぁ、福重明子さん。
「Bouquet」(神戸/CAP HOUSE 2F ギャラリー山側/9.14-9.24)
「誰かにあげたい」と思うような風景を集めたそうです。

アクセスや開場時間は各サイトで確認下さい。
写真展 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2006/09/02(土) 03:22)

 帰ってきたTVキャプチャ
故障したTVキャプチャは交換ということで落着。
先日、ようやく交換品がやってきました。
うん、ちゃんと映る。

故障発生から時間が随分経ってしまったのは
お盆の時期とかぶってしまったのと、
メールでやりとりしたんだけど忙しくて
すぐチェックできなかったりしたから。

ともかく、今こうやって文章を書いてる横でTV番組が
流れてるのはやっぱり楽しい☆
ラジオをかけながらMacに向かうのとは
また違った楽しさなんだよなぁ。

テーマ:Mac - ジャンル:コンピュータ

つぶやき | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2006/09/02(土) 03:02)

次のページ
copyright © 2005 四ツ葉ブログ all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。