四ツ葉ブログ
   京都で写真とMacと読書の日々
  >> ホーム
  >> RSS1.0
プロフィール

mMakino

Author:mMakino
・京都在住
・詳細はHP参照

リンク

このブログをリンクに追加する

Ads

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | 固定リンク
(--/--/--(--) --:--)

 GIMP for Macをインストール
Photoshopと同等の機能を持ちながら無料で手に入る画像加工ソフト、GIMP。
そのMac版を四苦八苦しながらなんとかインストールしました。

GIMPの入手方法を調べようと検索すると、UNIXが何やら専門用語の羅列したサイトばかり。
ない知識と読解力でMac用GIMPはこちらからダウンロードできることは判明。

でも、「X11」なるソフトがMacに入ってないといけない、と書かれてる。
なんだ「X11」って。

Mac用GIMPの入手先が分かったと思ったら、今度は「X11」ってのが分からない。
標準ではプリインストールされてはいないもので、現にうちのMacにも入ってません。
検索するとどうやらAppleが配布してるものだそう。

入手方法を書いたサイトがいくつかあったのだけど、どれもOS X 10.3のinstall CDから
インストールした、と書いた記事ばかり。
10.4 Tigerにアップデートした人間はどうしたらいいの?

Tigerのinstall DVDにも入ってのかなぁ、と押入から取り出しおそるおそるDVDをMacに。
自動的に再インストールなんかして、中のデータ消えたらイヤだよ。
そんなことはなかったけど、一体どこにあるんでしょう「X11」。
そもそも「X11」だけインストールできるの?

できました。
「Optional Installs.mpkg」という箱のアイコンをダブルクリックして出てくる
ウィザードを進めていくと、「インストールの種類」という項目のところで選択できるんですね。
「アプリケーション」の左の▼をクリックするとお目当ての「X11」が。
これだけチェックを入れてインストールすればいいんです。

「ユーティリティ」に「X11」が入ってるのを確認して、ようやくGIMPを起動。
わ、英語表記なんですね。
まぁPhotoshopと似てるから英語でも何とか使えそうだけど。




Clip

guide
京都を中心とした関西近郊の写真展ガイド
・入江泰吉 写真展「爛漫大和路」「奈良町の風景-明治・大正・昭和時代-」(奈良/奈良市写真美術館)1/4-3/26
・山沢栄子・赤崎みま 写真展「What I'm doing」(大阪/The Third Gallery Aya)1/21-2/18
・佐藤忠 写真展「スイス花畑とマッターホルンの勇姿」(大阪/ペンタックス大阪ミニギャラリー)1/30-2/24
・上田静香 作品展「おきのしま」(京都/ギャラリー射手座)2/14-2/19
・千葉栄子 写真展「引力 -grabitation-」(大阪/NADAR)2/14-2/19
*その他の写真展は「四ツ葉カメラ」のguideを見てね


info
気になる情報とか
POLASTYLEが更新してます
 SPECIALでは日本ポラロイド カスタマーサービス受付窓口の佐野さんにインタビューしてます。
スタジオグラフィックスが更新してます
「フォトショップ・エレメンツdeゴーゴー!」の第9回目「デジカメ画像で楽しいカレンダー作り」
デジカメWatch「写真展リアルタイムレポート」が更新してます
エプソンカラーイメージングコンテストを取り上げてます。
lens cultureが更新してます
トップページの記事一覧が一新してます。
ニコンの「The Independents」が更新してます
Vol.7は土屋育子の「Images of Trusts」。こころがあったかくなります。
*その他の情報は「四ツ葉カメラ」のinfoを見てね



スポンサーサイト
レタッチ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:1
(2006/02/15(水) 22:23)

 レタッチが特集として取り上げられること
最新号の「デジタルフォト」の第一特集は「写真家に学ぶレタッチテクニック」。
レタッチがトップイシューにくる時代なんですね。

最近まで老舗のカメラ雑誌には<デジタル写真は写真なのか>なんて懐疑的な文章が散見されました。
でももう、デジタル写真は立派に写真。今はレタッチの技術、センスが問われてきてるんでしょうね。

これからは雑誌のコンテストページに、写真はどうということないけどレタッチのセンスはある、っていうような写真がずらずらと並ぶようになるんでしょうか。
既にFlickrにはそういうの多いですけど。



レタッチ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2006/01/20(金) 22:21)

copyright © 2005 四ツ葉ブログ all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。