FC2ブログ


   四ツ葉ブログ
   京都で写真とMacと読書の日々
  >> ホーム
  >> RSS1.0
プロフィール

mMakino

Author:mMakino
・京都在住
・詳細はHP参照

リンク

このブログをリンクに追加する

Ads

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | 固定リンク
(--/--/--(--) --:--)

 「木村伊兵衛の13万枚」
昨晩放映された「木村伊兵衛の13万コマ」(教育
TV)はいい番組でした。
「ETV特集」の真骨頂。
一時期は良質なドキュメンタリー番組の連続で
“追っかけ”してた「ETV特集」、その精神はいまだ
健在なんですね。

たいがい、一人のアーティストを取りあげる場合
その人の生涯と代表作を年表をたどるように紹介し、
人生のなかの華々しい時期と苦難の時期を対比させ
“お涙頂戴”にしあげるのが常道。
「知ってるつもり!?」なんかその典型でした。

今回の番組はコンタクトシートを読み解くことを
構成の軸に据えて画期的。
こういう取りあげ方って出来そうで出来ません。
まずそのことだけでも拍手。
荒木経惟氏、川本三郎氏の起用も正解。

観る人それぞれが「木村伊兵衛発見」をしてくれれば
いい、という姿勢が番組全体に通底していて
これが田沼武能氏を前面に配したら全然そういう
風にはいかなかったと思んですよ。

ぼくにとっての「発見」は、あの“歯痒さ”こそが
木村伊兵衛の“粋”だったと得心したこと。

アラーキーが言うように木村伊兵衛のスナップは
被写体と微妙な距離を保っています。
踏み込むでもなく放り出すでもないその“立ち位置”が
どうもぼくにはしっくりきませんでした。

でも川本三郎氏はそこに江戸っ子の“粋”を看破。
パッと見の派手さが問題ではない、そこが木村
伊兵衛のスタイルなのだ、と。
なるほどなぁ。

それにしても最後のコンタクトシートの衝撃。
上野寛永寺の寂寥感溢れる写真群。
あのコンタクトは切なすぎます。



Clip

guide
京都を中心とした関西近郊の写真展ガイド
・入江泰吉 写真展「爛漫大和路」「奈良町の風景-明治・大正・昭和時代-」(奈良/奈良市写真美術館)1/4-3/26
・ビジュアルアーツ専門学校・大阪写真学科卒業制作選抜作品展 フォトビジョン2006(大阪/ビジュアルアーツギャラリー)2/16-3/31
・ひらいゆう 写真展「フタアカリ」(奈良/Gallery OUT of PLACE)2/23-3/26
・第38回キヤノンフォトコンテスト入賞作品展(京都/カメラのナニワ京都店)2/28-3/19
・津田直 写真展「眠りの先」(大阪/Gallery Kai)3/1-4/1
*その他の写真展は「四ツ葉カメラ」のguideを見てね


info
気になる情報とか
スタジオグラフィックスが更新してます
「フォトショップ・エレメンツ de ゴーゴー!」第12回「Web用に保存」
スタジオグラフィックスが更新してます
「フォトショップ・エレメンツ de ゴーゴー!」第11回「インターネットで使える画像の研究(2) JPEGとGIFの特長 その2」
ゴードン・パークスが7日死去しました
享年93歳。リンク先はSankei Web。3月6日
Nikonの「The Independents」が更新してます
Vol.8 中嶋仁司「Among the Usual」他
「フォトショップ・エレメンツdeゴーゴー!」が更新してます
第10回「インターネットで使える画像の研究(1)」。JPEGとGIFを取りあげてます。
*その他の情報は「四ツ葉カメラ」のinfoを見てねclip - Writely">四ツ葉カメラ」のinfoを見てね
スポンサーサイト

つぶやき | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2006/03/19(日) 03:17)

<<最近読んだ写真関連書籍5冊 | ホーム | 最近読んだ写真関係以外の書籍5冊>>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://428.blog37.fc2.com/tb.php/24-929d0ed8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 2005 四ツ葉ブログ all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。