四ツ葉ブログ
   京都で写真とMacと読書の日々
  >> ホーム
  >> RSS1.0
プロフィール

mMakino

Author:mMakino
・京都在住
・詳細はHP参照

リンク

このブログをリンクに追加する

Ads

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | 固定リンク
(--/--/--(--) --:--)

 最近読んだ本5冊
フィールドワークは楽しい フィールドワークは楽しい★★
岩波書店編集部 (2004/06)
岩波書店

この商品の詳細を見る

10人の研究者たちが自身の研究領域の魅力を
語っています。
しかし、短い枚数制限と高校生あたりが読者
対象という縛りの中でうまく面白さを伝えられて
いるかどうかというと、かなり疑問。
却って自身の研究を平易な言葉で説明できない
研究者その人の資質が問われてしまってます。


インターネット書斎術 インターネット書斎術★★★
紀田 順一郎 (2002/02)
筑摩書房

この商品の詳細を見る

知的生産の場にどうインターネットを
取り込むかをテーマにしてます。
2002年の発行ということもあり、内容の
古さは否めませんが根本的なところで
議論を進めてるので今読んでも得る部分あり。
日本語という言語がネットでの情報収集の際に
抱える問題点を指摘してるあたりがこの著者
ならではの視点。

理解する技術 情報の本質が分かる 理解する技術 情報の本質が分かる★★
藤沢 晃治 (2005/04/16)
PHP研究所

この商品の詳細を見る

情報受信術の指南書。
要領よくまとめられてるので
効率よく情報収集をしたいと思ってるひとは
一読の価値ありかと。


愚問の骨頂 愚問の骨頂★★
中原 英臣、佐川 峻 他 (2005/04/15)
新潮社

この商品の詳細を見る

愚問からは解は導きだされない、愚問から
脱して賢問に至れば自ずと解は賢問の内に
含まれている、というのが本書の筋。
具体的な社会問題などを例にその論を展開
してるけど、もう少しビジネスや日常的な
事例で説明してくれた方が読者は有り難かったかも。


レボリューション・イン・ザ・バレー―開発者が語るMacintosh誕生の舞台裏 レボリューション・イン・ザ・バレー―開発者が語るMacintosh誕生の舞台裏★★★★
アンディ ハーツフェルド (2005/09)
オライリージャパン

この商品の詳細を見る

Macの歴史はそのままパーソナル・コンピュータの
歴史。
MacにしてもWindowsにしても今ぼくたちが
触れているコンピュータの原型が如何にクレイジーな
(いい意味で!)人たちの手によって作られたか、
この本は明らかにしてくれます。
Macユーザーでない人も必読。
スポンサーサイト

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

書籍 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:2
(2006/09/24(日) 01:20)

| ホーム | 新しくなったiPodとiTunes>>

コメント
  承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
| # | 2009/09/22(火) 07:41 [ 編集 ]

  承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
| # | 2012/11/03(土) 09:59 [ 編集 ]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://428.blog37.fc2.com/tb.php/43-8a6114d2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 2005 四ツ葉ブログ all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。